記事一覧

水いぼ

アップロードファイル 118-1.pdf

<水いぼとは?>
丸くて光った小さなイボです.つぶすと白いかたまりが出てきます.この中にウイルスが含まれていて,これが皮膚につくとうつります.保育所などで遊んでいて,水いぼに接触すればうつってしまいます.集団生活ですから,うつるのはお互いさまです.弱いウイルスなので免疫反応が起きにくく,治るのに時間がかかります.いくら増えても,からだには無害です.水いぼ自体は痛くもかゆくもありません.プールの水ではうつりません.何もせずに様子をみていれば,半年から1年くらいできれいに消えてしまいます.大人で水いぼが皮膚に残っている人はいませんね.どんなに増えても,必ず免疫反応が起きて,自然に治ります.

<治療>
水いぼをどう扱うについては,いろいろな方法があります.どれが正解,どれが間違っているというわけではありません.以下に,現在行われている治療法を列挙します.

1.自然に治るのを待つ!!
水いぼは必ず自然に治ります.水いぼのウイルスは弱いので免疫反応が起きにくく,治るのに時間がかかるだけです.いくら広がってもからだには無害で,きれいに治ります.
長所:手間もお金もかからない.
短所:半年から1年くらいかかる.

2.ヨクイニンや漢方薬を服用する!
ヨクイニンを服用することで免疫反応が起き,水いぼが消失します. 2-3カ月は服用が必要です.
長所:痛くない.
短所:毎日服用しないといけない.数カ月かかる.

3.はと麦茶を飲む!
はと麦茶にはヨクイニンが含まれているので,水いぼの治りがよくなります.
長所:家でできる.
短所:毎日飲まないといけない.数カ月かかる.

4.ピンセットで摘んで取る
ひとつひとつピンセットで摘んで,水いぼを除去します.
長所:直ぐに治る場合もある.
短所:(1)すごく痛い.(2)麻酔薬テープを使用すれば痛みが軽減されるが保険上の枚数制限があり,1度ではまず取りきれない.(3)水いぼのウイルスが残っていると取ってもまたブリ返す.(4)ブリ返す,1度では取りきれないので,結局は何回も通院して治癒までには数週間を要する.

5.硝酸銀ペーストで灼く
水いぼのひとつひとつに,硝酸銀ペーストを付けます.炎症反応が起きて,数週間で治ります.1週間に1度,3-4回通院が必要です.
長所:痛くない.数週間で治ることがある.
短所:(1)硝酸銀の付着した皮膚が黒くなって,みかけが悪い.手間がかかる.(2)ケロイドになってただれることがある.(3)1度ではまず取りきれない.(4)水いぼのウイルスが残っていると取ってもまたブリ返す.(5)ブリ返す,1度では取りきれないので,結局は何回も通院して治癒までには数週間を要する.

6.スピール膏で灼く
水いぼのひとつひとつに,「うおの目」を取る時に使用するスピール膏を小さくカットして貼り付け,絆創膏で固定します.2-3日すると炎症反応が起きて,爪でひっかくとポロポロ落ちます.
長所:痛くない.数週間で治る.自宅でできる.
短所:(1)手間がかかる.(2) スピール膏が大きすぎると,水いぼのまわりの健常な皮膚を痛めることがある.(3)絆創膏かぶれを起こすことがある.

<さて,どうするか???>
どれが正解,どれが間違っているというわけではありません.どの方法を選択するかは各自の判断です.お好きなものをどうぞ.

*水いぼとアトピ?性皮膚炎,乾燥肌
アトピ?性皮膚炎や乾燥肌では皮膚表面が荒れています.皮膚細胞間に隙間があいているので(=バリア機能がない),水いぼのウイルスが侵入しやすい状態です.このため,アトピ?性皮膚炎の皮膚や乾燥肌では水いぼが拡がりやすく,アトピ?性皮膚炎や乾燥肌そのものが一時的に悪化します.この場合には,アトピ?性皮膚炎や乾燥肌の治療をきちんとしましょう.弱-中等度のステロイド,保湿剤,かゆみ止めの飲み薬を処方します.

弱-中等度のステロイドを塗って,水いぼが悪化することはありません.水いぼは残りますが,そのうち自然に消失するので,様子を見てください.ただし,保湿剤で乾燥肌のケアをしてあげないと,再び皮膚が荒れて,水いぼのウイルスが皮膚に侵入して,水いぼが増えてしまいます.アトピ?性皮膚炎の皮膚や乾燥肌のお子さんの場合には,水いぼが完全になくなるまで,十分な皮膚のケアが必要です.

*水いぼを掻き壊したら
水いぼを爪で掻き壊して出血したら,その部分だけポビドンヨード液(イソジン,ネオヨジンなど)で消毒しましょう.夏は汗をかいて,皮膚表面にブドウ球菌などが繁殖して,伝染性膿痂疹(とびひ)などの皮膚の病気が起きやすい季節です.消毒はまめにしてください.掻き壊していない水いぼは消毒をする必要はありません.

*水いぼとプール
プールの水では水いぼはうつりません.水いぼがあってもプールに入ってかまいません.ただし,タオル,浮輪,ビート板などを介してうつることがありますから,これらを共用することはできるだけ避けて下さい.プールの後はシャワーで肌をきれいに洗いましょう.